腰痛

腰痛

 

股関節に先天的な奇形や骨折などの病理的な問題はないけれど、尻、股関節の周囲やそけい部の痛み、機能障害で日常生活を送るのが苦痛だと仰る方が多いです。 また、骨盤や腰が痛い場合、股関節の回りも同時に痛むようです。 このような場合カイロプラクティックの観点から見ると、脊椎、つまり腰や骨盤が原因となって尻、股関節の周囲やそけい部等、周囲が痛む場合が多いようです。

 

股関節の痛みで来院された40代の男性

 

40代前半の男性が来院されました。 彼は左側の股関節が痛いため、仕事が出来ないと言っていました。 股関節の前面(鼠経部、前部)、側面(横)、後面がとても痛くて、足を動かしたり歩くことが出来なかったのです。 そして腰が痛い時に股関節も痛くなると言っていました。 病院のレントゲンで確認したところ股関節に特別な病変はなかったとのことでした。

彼の左の股関節の回りの筋肉の緊張はひどく、左右の骨盤の動きも違っていました。 また、脊椎、つまり腰椎と胸椎の繋がり目にサブラクゼーション(subluxation, カイロプラクティックで痛みの原因となるずれた脊椎の部分)がありました。

 

骨盤

骨盤

 

カイロプラクティックの治療で股関節の痛みが解消

 

最初は左側の股関節の回りの筋肉の緊張を解消し、靭帯、大腿筋膜張筋の左右のバランスを整え、骨盤の矯正と脊椎のサブラクゼーションを矯正。内臓の緊張解消など、一連のカイロプラクティックの施術を1週間に2回行いました。そして彼に正しい姿勢を教えて自分で出来る腰痛に効く運動、自己治癒療法を教えました。そのうち彼は週1回の施術でも腰痛を我慢できるようになりました。股関節の症状と腰痛は次第に減少してゆき、2ヵ月目には痛みが無くなりました。

 

骨盤や腰の痛みと共に訪れる股関節の痛みには、カイロプラクティック治療を!

 

病的な問題が無いのに、骨盤痛、腰痛に伴って股関節の痛みがあったり、歩いている時不自然に感じるなら、身体の左右のバランスが崩れているか、脊椎がずれていないか一度考えてみるといいと思います。 腰の痛みや肩こり、五十肩、首の痛みなどの筋骨格系の問題は、もともとの体が持っている腰椎と胸椎、頸椎が作る理想的な湾曲が上手く形成されれば、よくなるケースが多いのです。

身体の理想的な湾曲を作るには、まずずれた脊椎を元に戻し、筋肉の緊張を解消して身体のバランスを取り戻してくれるカイロプラクティックの治療が効果的な場合が多いのです。