youtsu_woman[1]

2週間前から腰が急に痛くなり始めました。 特に痛みが出る理由もないのに少しずつ痛くなり始めたのです。 誰でも日常生活の中で腰の痛みなどの筋骨格系の問題はよくおきるため、あまり気にもしていませんでした。 ところが1日2日が過ぎても痛みが減らず、腰に力が入らないような痛みの形で少しずつひどくなっていきました。 だからといって飛びぬけてひどい訳ではなく、姿勢を変えたり、腰に力を入れようとするとひどくなるのでした。

 

腰の痛みが始まってから3日後、あるお客様から連絡がきました。 「3日前から腰が痛くなり、そのうち良くなるだろうと思っていたのに、もっと痛くなってしまったのでカイロプラクティック施術を受けたいのですが」というものでした。

 

不思議なことに、来院者の腰の痛みは私の腰の症状と似ており、それも同じ3日前から痛くなり始めたということでした。 特に日常生活が難しい程の痛みではないが、姿勢を変えたり力を入れると、腰に力が入らず脊椎5番の周りが痛むとのことでした。

 

2週間の間、週2回ずつカイロプラクティックの施術を行いました。 症状は改善されつつ、再適応するパターンに変化、1週間が過ぎたところで痛みは急激に減って、3週間が過ぎた今では食品アレルギー反応に重点をおいてカイロプラクティック施術をしているところです。

 

不思議なことに私の腰の痛みも来院者の症状の改善のリズムと同様に良くなっていきました。 来院者がよくなっていったリズムで、私の身体も同じように反応しており、初め出ていた症状はすべて改善された状態で、今は体のコンディションがとてもいいです。

五十肩

このような共鳴現象はカイロプラクティックに入門した後、よく起こりました。 最初、五十肩のように肩が痛くなった次の日に、五十肩で困っている方が来院されたり、首が痛かった時もこのような共鳴現象がありました。

時には来院者に施術している途中で私も来院者と同じように痛くなったりして、治療方法を探すのに役立つこともありました。

 

ところが、このような共鳴現象が私にだけ現れるものではなく、私の師匠である小柳先生もよく経験されるとのことでした。 そして、同業種の知人もたまにあると言っていました。

 

私はカイロプラクティックにおけるこのような共鳴現象を、ある種のメッセージとして受け止めています。 治療法や情報を知らせるための。

Dr.リース
ハーモニック・テクニックの創始者であるDr.リースには、小さい頃から今は亡きアトランティスの最後の人であるというMr.morningが時々訪ねて来て、病気の治療法等を教えてくれたといいます。

私はMr.morningに会ったことはありませんが、共鳴現象が起きる度に何故かMr.morningの話を懐かしく思い出します。

目には見えませんでしたが、もしかすると私のところにも立ち寄ってくれたのかもしれません。

 

腰の痛み、五十肩-カイロプラクティックの共鳴現象