健康な皮膚は皮膚の機能、絡の效果を高める機能の役割

傳田光洋さんの”皮膚は考える”という本をとても面白く読みました。 購入して時間がたちましたが、人体を知って行くのに一歩引っ張ってくれた感じでした。 傳田光弘さんの本を私なりに整理してみようと思います (皮膚は考える。 傅田光洋 参照) 肌4

皮膚の解剖的、生理的な機能

皮膚は自分と他人をまさに区別する部分だと言えます。 成人の皮膚の面積は約1.6平方メートルであり、厚さは1.4~4mm、重さは約3kgです。 皮膚は薄い表皮や厚い真皮に分類されて、表皮は主にkeratinocyteによって形成され、厚さは0.06~0.2mmです。 真皮はコラーゲンなどを作る線維芽細胞、免疫や炎症に関与する肥満細胞(マスター細胞)などが存在し、厚さは1~4 mmです。  血管は真皮内で網状に分布しており、表皮の中には入っていません。 表皮の栄養は真皮で受けており、神経は表皮の底辺にあるメルケル細胞やランゲルハンス細胞と接触し、一部は皮膚の中まで入っています。 皮膚の一番の外層の角質層の厚さは10~20ミクロンであり、壁の役割を担当します。 皮膚の刺激はメルケルバン、ルフィニ終末、マイスナー小体、パチニ体などを通じて認知されます。 また、皮膚は光を感じてその情報を内分泌系、神経系に伝達する可能性も存在します。 3皮膚                                                              The antomy coloring book 参考

皮膚の生起源

皮膚の発生起源を見ると、中枢神経系と視覚、聴覚、嗅覚の感覚器のような外胚葉に由来します。中枢神経系の記憶や学習に関与している物質が皮膚にも同様に存在します。 皮膚は独自に感じて、考えて、判断して行動することが可能であり、自律的に皮膚の障壁機能の再生が可能です。

皮膚には電位差が存在し、健康な皮膚は皮膚機能を高める

皮膚は19世紀から感情や気分によって皮膚の表面に電位差が存在すると知られた後、心理学や精神医学の分野だけでなく、嘘の探知機の原理にまで応用されています。 1982年米国生理学会誌に発表された”人とモルモットの皮膚、特に表皮には、内側(裏側)を基準に100ミリボルト近いマイナス電圧を持っている”(“表皮はパワフルな電池(電池)”だ)という研究は表皮の信号が免疫系や中枢神経系と密接な関係があることを表わしています。 健康な皮膚ではマイナスの電位が現れて、角質層を破壊した皮膚にマイナスの電場を負荷することになれば、Caイオン、Mgイオンのイオン分布も正常時になり、皮膚機能であるバリア機能の回復が促進され、逆にプラスでは、回復が遅れます。 2皮膚                          日本人の人体解剖学の参考

表皮のkeratinocyteでは多な神情報達物質を合成放出する

表皮が外部の刺激を受けると、電場の局所的な変化が発生します。 まず細胞内外のイオンの出入りを起こして細胞膜の電気の状態を変化させる装置であるkeratinositeに感受された後、膜電位を変化させます。 やがて様々な情報伝達物質を合成・放出されるが、keratinocyteによって、免疫細胞の活性化、炎症反応の調整をするサイトカインと全身に大きな影響を及ぼすACTH、サブステンスP、ベータエンドルフィンも合成・放出して神経や免疫系、内分泌系に作用すると予想されます。

皮膚の疾患は内臓や心と連している!

皮膚の多様な疾患は内臓や心と関連付けられる場合が多いです。 内臓の問題によって結果的に皮膚の機能に異常が現れる表皮疾患や器質性疾患の関連性に関して、多くの臨床的な例が報告されています。 もちろん、表皮に様々なホルモンや情報伝達物質を生産する能力を考慮すると、逆に表皮の異常が他の臓器の異常を引き起こしかねないということも推測されます。 さまざまな精神的なストレスも角質層の障壁機能や回復に影響を及ぼすことになるのですが、例を挙げればアトピー性皮膚炎の場合、湿度変化の影響だけではなく心の問題が原因だと皮膚科医は指摘しています。 A.R. Damasio博士は”生存する脳”で”心(感情、気分)”という精神活動は脳と身体の共同作業で形成されるが、皮膚が身体最大の臓器として”心”を生み出すのに大きく貢献していると言います。 肌3

灸は度によって果が変化する

東洋医学で以前から、皮膚の刺激を通じた疾病治療をしてきていました。代表的な治療法に専門家ではなくても、誰でもできる灸をあげられます。 灸の効果は本来、 皮膚機能が持っている役割を生かす、このような機能は、経絡の効果まで応用し、一つの糸口を解くことができないかと傳田さんは主張しています。 灸は温度刺激を通じて表皮の中のイオンチャネルの受容体に電気信号として神経に作用するものであり、よもぎの灸の場合43度以上と52度以上で呼応する高温受容体、暖かいぐらいの37度で反応するイオンチャネルの受容体が存在して人体に治療効果を与えるということです。 したがって、様々な種類の灸が存在するのは、それぞれ他の受容体を標的としているためだと主張します。 1皮膚                          The antomy coloring book 参考

絡は第3の身体コントロルのシステム?

また経絡や経絡効果については、明確に解明されていない部分も多いが、国内のある研究者は、ホルモンを通じた血液や神経が身体をコントロールするシステムであるが、ここに経絡が第3のコントロールのシステムとして作用するのではないかと主張したりもします。 傳田さんは経絡効果や経絡の科学的立証のためには体表のツボ、刺激の入力情報は内臓に伝える点とその過程で脊髄分節や大脳の感覚領域の二ヵ所でのつながりを見つけることができるのではないかと主張しています。 内臓と連結された耳の経穴の場合には耳の体性感覚領域の周辺に内臓感覚領域が存在しているということです。 ですから、耳介の経穴に対する刺激が大脳皮質感覚領域で内臓感覚領域に刺激をあたえる可能性があると言うことです。 皮膚2

皮膚は機能を持った第3ではないか?

したがって、傳田さんは、全身を統制する情報経路として神経系、循環器がその役割を担当しているが、体表を通した経絡が人体のもう一つのコントロールシステムではないかと慎重に主張しています。 さらに、皮膚の重要性をより一層強調しますが、消化器はエネルギーや情報の自律的な処理システムとして体と心に大きな影響を及ぼすため、M.D. Gershonは、皮膚を第2の脳と称したように(Second brainで)、脳機能(?)を持っている皮膚は第3の脳と言うことができるのではないかと言っています。 (皮膚は考える。傳田光洋 参照)  

子供の笑顔

子供のお腹の痛みに効く2つのセルフケアー

子供のお腹の痛みに効く2つのセルフケアー  –自分で出来るセルフヒーリング法– 子供達は特別な他の病気があるわけではないのに、よくお腹が痛くなりますね。 昔のお母さん達は子供がお腹が痛いと言っても …
コメントなし
ゴルフ

ゴルフによる腰痛-治療法は?

スポーツライターによると日本のゴルフの人口は年々増加していて、ゴルフ市場は1兆4千億円を超えると述べられていました。 経済的な問題や他の理由によってゴルフ人口は減少することもありましたが、ゴルフは誰もが楽しめる大衆スポー …
コメントなし
五十肩

五十肩の痛みに効果的なストレッチ

五十肩でお悩みの方も多いことと思います。 私自身も50を目の前にして肩が上がらなくなって初めて 「50肩ってこんな痛かったんだ」とやっと大変さが分かるようになりました^^;; 50肩の原因は何なのか気になりますが、実はは …
コメントなし
ガイア地球

ガイアにおけるコロナ、発酵と腐敗

講義中学生達によく「発酵と腐敗の違いが何か?」と質問をすることがあります。学生達は頭を捻りながら、大部分は「発酵は食べられるもの、腐敗は食べれないもの」と答えます。正しい話です。  韓国には一部の人に絶大の人気を誇る「ホ …
コメントなし
頭蓋骨説明

SOTやCSTのテクニックは”第1次呼吸メカニズム”を通して健康を保つ

SOTやCSTのテクニックは”第1次呼吸メカニズム”を通して健康を保つ 人体には2つの呼吸メカニズムがあります。 一つは生死に関連する一般呼吸をいい、もう一つは手技療法、特にカイロプラクティックの …
コメントなし