女性 腰痛


若い女性の中には、「股関節の痛みと音で日常生活を送るのが大変だ」と訴える方が多くいらっしゃいます。
特に事故に合ったこともなく、病気があるわけでもないのに、姿勢を変えたり歩く時、又階段を上がる時に痛くなったり音がすると言います。

 股関節の周辺にくる痛みには多様な原因があります。病的な原因による痛みや、それで音がする場合もありますが、この場合は専門医による診断と治療が必要です。
けれども大部分は,骨盤のずれや股関節の周囲の筋肉の緊張や靭帯の問題で起こります。
この場合は骨盤矯正、つまりカイロプラクティックテクニックであるSOT(仙骨後頭骨テクニック)で良くなる場合が多いのです。

SOTでは身体が悪くなる過程を
3個のカテゴリーに分類し、そこに合わせたテクニックとブロックを利用した方法があります。
SOTカテゴリー2の人には股関節の痛みと音が出る場合が多くあります。特に若い女性に股関節の問題が起きる場合が多いのです。(もちろん妊娠や出産を経験したことが無いにも関わらず。)

 腰痛 女

ある時20代後半の女性が来院しました。彼女は腰の痛みがあり、歩く時と階段を上る時に股関節から音が鳴り痛みがありました。その部位に手を置いて足踏みをした時にコリコリと股関節頭が外れる音が聞こえてきました。又歩く時負荷がかかって足に力が入りませんでした。

彼女にはブロックを使って骨盤矯正をし、身体のバランスを整え調和させる為、カテゴリー2のテクニックを使用しました。その後幸いなことに、股関節の痛みと音は少なくなっていきました。

 

SOTブロック

SOTブロック


股関節の問題は特に、多様な原因があり、改善されるまで多くの時間がかかる場合が多いです。その原因を正しく探し、そこに合ったアプローチをすることがとても重要です。仙骨後頭骨テクニックを創始した
DeJanetteも仙腸関節や股関節の関係の重要性を強調しています。

身体は胴が四肢関節に影響を与える場合もあり、逆に四肢関節の問題が胴に影響を与えたりもします。それ故SOT(仙骨後頭骨テクニック)では体の全体のバランスと調和に焦点を合わせることを重要視するのです。(実際施術する際には症状や機能改善の為、SOTと共に直接的な手技療法も取り入れて施術致しております。)

元気な女性

元気な女性