不整脈の原因と症状の改善に効果的なカイロプラクティック

 

心臓、不整脈

不整脈1(国立病院 大阪医療センターより)

ある日、74歳の女性が来院されました。 彼女には腰の痛みがあり、歩く時に力が入らないので治療院に来られたのでした。問診中に彼女は更にめまいと不整脈の症状があって困っていると仰られました。
めまいの症状に関しては、医師からは特に診断はなく、脈拍が一定しない症状について薬を処方されていました。 ところが薬を服用しても一週間に3日は胸が重苦しく、何かが詰まっているような感じで、コンディションがとても悪いんだと仰っていました。 初めて来院された時、脈拍が一定しておらず、もどかしいとも仰ってました。
彼女の不整脈の症状の始まりは15年前に遡ります。 夫と死別し、大きなショックを受け、そのときからそのような症状が始まったとのことでした。 彼女は表向きはさっぱりとした性格で、何かあっても笑ってやり過ごすことができ、少し大胆にも見えました。ところが話を聞いてみると、心の中は傷付きやすくで繊細な方でした。 細かいことにも気を使って、仕事を完璧にやりあげるような性格なので、性格からから来るストレスを抑えているような印象を受けました。
治療は、内臓や身体のバランスを整える手技治療と、トラウマになっている、夫との死別の時のストレスをハーモニック·テクニックを利用して取り除きました。一回目のカイロプラクティック治療後、彼女はめまいと不整脈の症状が落ち着き始め、3回目には驚くことに、症状全てがなくなったのです。
不整脈の症状は心臓自体の問題とされる場合がほとんどです。 栄養療法で患者さんを治療するアメリカのジョナサン・ライト博士は、ミネラルや食品を通じて不整脈に対する症状の改善例を示しています。
ジョナサンライト博士の本(栄養で病気が治る)

栄養で病気が治る

彼は不整脈の原因として、

1.     心臓の自体の問題

2.     脊椎の問題

3.     低血糖の問題

4.     アレルギー問題

5.     カルシウム、マグネシウム、マンガンなどの不足

等を挙げており、栄養療法を通して不整脈も治療しています。
手技療法を学ぶ過程で私はたびたび不整脈の症状を経験しました。 私は骨盤や脊椎矯正、脳脊髄液を通じたSOT(仙骨後頭骨テクニック)を練習する時に、数日の間、脈拍が一定しなくなり、苦労したことがあります。 その後カイロプラクティックの治療を受けてすぐに症状は良くなりました。 そしておまけに、そのような臨床経験を通じて、一時的な不整脈症状を改善することができるテクニックを体得する機会にも恵まれました。
今回来院された方のように、たまにこのような不整脈の症状を持っている方がいらっしゃいます。 もちろん、心臓自体の問題なら専門医の治療が必ず必要です。 しかし、ライト博士が言っていた不整脈の問題が原因なら、カイロプラクティック治療を通じて不整脈の症状を軽減することが可能な場合が多いです。