サッカ選手などの運動選手と体形管理

 

運動選手たちにはコンディションは非常に重要です。 その日の体の状態によって,自分が持っている実力をどうやって十分発揮するかどうかが決定されるからです。 球技種目のスポーツは苦手な私も、体の調子の状況によってゲームでの役割の程度を計ることができるのに、運動選手であれば、身体がもっと敏感で、第三者が見ても明確に感じることができるようになります。

サッカー選手

ずっと前、知人の大学のサッカー選手から連絡がきました。 プロチームや実業チームにスカウトされる重要な時期に、腰の痛みとともに、身体のバランスが駄目になったため、思う方向にボールがいかないので、どうにか出来ないですかと。スカウトされる話が出っているのに腰や膝など体のどこかに問題が生じて治療を受けたり、健康ではないという話でも出た場合、スカウトされのに差し支えが多いため、注意が必要だと。

 

運動選手は運動分野によって使用する筋肉が異なるため、筋肉の発達部位が変わります。 サッカーの場合、下半身を主に利用するため、他の運動種目に比べて下半身の筋肉が特に発達するようになります。 つまり大腿前面にある大腿四頭筋と大腿後面のHamstrings筋、下腿の前脛骨筋、ヒラメ筋、非腹筋の発達がはっきり表れており、ひざを曲げて座ることも難しくなります。

大腰筋

身体のバランスは、体を後ろから見た時、脊椎が一直線を成し遂げ、横から見ると、首が前方にCカーブをし、そして背骨が後側に、腰は前側にCカーブを描く生理的な湾曲が形成されるます。 このような湾曲になった時に、血液循環と免疫力が高まるようになり、コンディションは最上の状態になります。

 

カイロプラクティックの仙骨後頭骨テクニック(SOT)では、身体のバランスを成す筋肉として大腰筋と腸脛靭帯の均衡を重要視しています。大腰筋が緊張したり、固まったら腰の骨がずれて腰痛を発生する恐れがあり、骨盤もずれたりしたす。 また、腰部のカーブを大きくしたりもします。 大腰筋には腎臓がぶら下がっていたり、緊張をするば、腰痛を起こす原因になるのです。

サッカー選手2

したがって、体型管理を行い、身体のバランスを維持するためには、大腰筋と腸脛靭帯と大腿筋膜張筋の左右のバランスを整えることが何よりも重要であり、骨盤の変位や脊椎の生理的な湾曲、胸郭の変位や上部頚椎を注意深く観察する必要があります。

 

その大学のサッカー選手の場合、体のバランスを取る前に、自分の身体について、均衡の程度を感じてるようにしてみた。 彼は虚空に向けて想像のボールを直線で蹴ったり、体を回しながら蹴ったりしてボールが自分の思う通りにいかない様子でした。 長い間、運動をしてきたとしても、実際にボールを蹴らず、空中に向けて何回か架空の動作をして自分の意図通りにボールが行くかどうかを知ることができるということに驚きましたた。 それくらい、多くの時間と熱情の結果だと考えられます。

腸脛靭帯

そのサッカー選手に大腰筋と腸脛靭帯、大腿筋膜張筋のバランスと骨盤、脊椎と上部頚椎について可動性をみて、上肢についてバランスと緊張した内臓について弛緩などを通じて体型管理をした後、同じ方法で身体のバランスがどうなったか確認しました。 彼は虚空に多方面にボールをけりながら、思うところにボールが行ったと、満足の笑いと共に答えてくれました。

 

スポーツマッサージが初めて生成される時、選手たちの実力向上が目的であり、各選手たちにオーダーメード型スポーツマッサージを通じて、多くの記録向上を立ててきたように、カイロプラクティックのような手技治療を通じて、筋肉のバランスと生理的な湾曲を形成する体型管理ができれば、選手らの記録をもっと向上させることができると思います。